組織のバランス
 組織の基本構造
 人事システム〜採用〜
 マネジメント
 マニュアル
 それぞれの役割
 社員の意識
 リーダーがすべき事
 リスクマネジメント
 離職の損失


 マネジメント
組織の価値は存在そのものではなく、出した成果にこそ価値があります。
そもそも組織とは、何かをする為に集まった集団なのですから
目的を果たすための『成果』を上げる事こそに存在価値があります。

どうすれば組織の成果を上げられるのか
問題になっている事の本質を見つけ、解決に向けてどう動けばいいか的確な指示を出す。
組織の成果を伸ばすためにはマネジメントが必要不可欠になります。

〜マネジメントの一例〜

経営会議
会社の経営幹部を集め、財務状況、経営ビジョンや目標、ゴールなどを共有しておく
経営陣同士の納得性を高めておかなければ、効率的に成果を上げる事が出来ません。

評価システム
誰でも評価される事を重視して動くものです。
会社が期待する行動をとった場合、評価が高くなるシステムを作っておけば
個人のモチベーションを高めたり、会社へ貢献すると言う意識が育ちます。

危機管理
他社の失敗などから、起こりうる問題点などをしっかりと考える危機管理が必要になります。
事前に危機を推測し未然に防ぐ事が危機管理の基本ですから
他社で起きた危機や失敗を他人事と思わず、 自社で同じような事が起きた場合にどうすればいいのか
マニュアル通りの危機管理だけでなく、他社の行った対処法を教訓に
判断ミスや対応不足などを生きた教訓として自社でも起こりうる危機ととらえておく必要があります。
・リスクの要因を知る
・リスクを回避するための対策を考える
・万が一起こってしまった時の被害を最小限に抑えるために必要な準備を考える
未然に防ぐのは勿論ですが、起こってしまった時の対処法をしっかりと準備しておく必要があります。

定期報告書
上司が部下の定期報告書に目を配っていれば、見落としがちな組織の問題点などを見つける事が出来ます。
その対処や解決に素早く対応する事ができます。



©会社の組織について考える All rights reserved.