組織のバランス
 組織の基本構造
 人事システム〜採用〜
 マネジメント
 マニュアル
 それぞれの役割
 社員の意識
 リーダーがすべき事
 リスクマネジメント
 離職の損失


 リーダーがすべき事
経営者は、方針や目指すべき目標を示し会社組織が進むべき方向を明確にしなければなりません。
そこで示された方針や目標を元に
部長や課長などそれぞれに任された部や課をまとめる管理職の人間が
的確な業務の遂行を部下に指示する事が出来ます。
リーダーに与えられた1番の役割は、遂行すべきビジョンを部下に示す事にあります。

リーダーから与えられたビジョンや指示が部下に的確に伝わっていれば
部下は目的のために最適な行動を取る事を考えますが、上手くいかない事も多々出てきます。
その為には、目標を達成させるために最適な環境を整える事
リーダーの大切な役目の1つになります。

チームが上手く動けるようにするには適切な人材を配置し、
行動をしやすい権限を与える事が必要になります。
目標を効果的に達成させるためには、個人がバラバラに動くのではなく、
実行やサポートや援護などの連携が取りやすい環境を整え、
部下が仕事に集中できる空間を作らなくてはいけません 。

整った環境で与えられた仕事をし、 自分を正当に評価されれば、
自信を持って働くことが出来ます。
また、まかされた仕事に対する責任感もさらに実感する事となり
効率良く目標を達成する事への意欲をさらに高める事が出来ます。


会議風景


物事の判断基準を自分に置いていると部下への指導に支障が出てきます。
知識や経験が豊富であっても、それは過去に経験してきたからであって
経験の浅い部下に同じものを求めても結果はついてこないでしょう。
経験はとても貴重で重要な事です、部下に経験させておくべき事や
教えておくべき知識や考え方などを含め指導していかなければ
部下は成長する事が出来ません。

経営方針や目標などをふまえ、部下が成長できるような指導をする必要があります。



©会社の組織について考える All rights reserved.