組織のバランス
 組織の基本構造
 人事システム〜採用〜
 マネジメント
 マニュアル
 それぞれの役割
 社員の意識
 リーダーがすべき事
 リスクマネジメント
 離職の損失


 離職の損失

仕事が合わない、労働条件と給料が見合わない、人間関係が悪いなど
3年以内に離職をする新卒者の離職率が高まってきています。

雇用のミスマッチやモチベーションの低下が
離職率を高めると言う状況が増えています。
会社にとって必要な人材と人事の認識のズレ
採用時に求職者と人事のコミュニケ−ションが取れていない場合
雇用のミスマッチを高めてしまいます。
会社の現状や将来のビジョンなどを含め採用を判断しなければ
離職率を高める結果となってしまいます。

教育段階で離職されては、苦労してお金や時間を使って教育しても無駄になってしまいます。
景気の悪化から採用を減らしていた場合、1人で負担しなければならない仕事量が増え
新入社員を充分に教育出来ていないという事実もあります。
新人を育てる機会がへり、指導や教育をする方にもそのノウハウがないままでいると
充分な教育を受ける事が出来ない新入社員に任せられる仕事が限られます、
そうなると
仕事が出来る人間の負担はますます増加し
さらに教育にかけられる時間や余裕も無くなると言う悪循環が続いてしまいます

仕事が出来る人ほど、一人で抱ええる仕事量は増え
仕事を任せてもらえないままの新入社員はモチベーションが下がります、
職場のチームワークや人間関係が悪化すれば作業能率を下げる結果を招いてしまいます。

悩み

給料に多少不満があっても仕事へのやりがいや人間関係に満足している場合と
給料に満足していても仕事や人間関係に不満がある場合脳が離職率は高くなっています。

理想の自分に近づけたり、成長できでいると実感できれば
モチベーションが上がり、仕事が楽しいと感じる事が出来ます。
離職率が上がれば、また採用・教育の為に時間やコストをかけなければなりません
働きやすい環境を整える事が社員の為であり、 会社のコストを抑える事になります。


©会社の組織について考える All rights reserved.